正しいデータを提供するためにはそのデータを取得する方法や測定装置が正しくなければいけません。方法の正しさは、担当者への教育訓練などで対応する必要があります。しばらくしてから認識できているかの有効性の評価を行います。測定装置の正しさは校正によって行います。校正は比較による確認と調整です。対象となる測定装置よりも正しいとわかっているものと比較をして、誤差が生じていれば調整します。この比較対象となるものを標準器と言います。標準器もまた校正が必要です。このようにより正しいとわかっているものとの比較を続けていきます。最終的には国内で一番正しいと規定されているものに行き着きます。それが国家計量標準です。計量法校正事業者登録制度は校正の経緯がわかることと校正業者の登録により運用されます。

校正を行う事業者の登録をする理由

校正は、比較の方法がわかっている人であれば誰でも行うことができます。ただし、その校正の正しさを保証するためには正しい技能を持った者が行う必要があります。正しい技能とは計量法関連法規と国際規格に規定されています。それらの要求事項を満たしていることが事業者として登録される条件です。確認は、独立行政法人製品評価技術基盤機構の審査によって行われます。校正方法や不確かさの見積もりが適切か、校正を実施するための設備が整っているかと言う点を審査されます。要件に適合していることが確認できたらjcssの校正証明書を発行できる校正技業者として登録されます。登録は定期的に更新する必要があります。更新のたびに技能が確認されるため、適切に維持し続けなければいけません、

この制度で発行される校正証明書が有効な理由

jcssは事業者を登録する制度とともに計量標準を供給する制度で成り立っています。計量標準とは、国内で最も正しいとされる国家計量標準との校正によって不確かさを確認された標準器のことです。国家計量標準は計量法で規定されている日本の標準となるものです。国で保証しているため、相互承認を締結している国であれば校正の結果を利用し合うことができます。よって、国家計量標準にトレーサビリティが確保できることで国家間でのデータのやりとりが自由に行うことができます。そのため、他国で測定をやり直したり、新たな基準を必要とすることがありません。jcss校正証明書さえあれば、国家計量標準までのトレーサビリティが確保されていることがわかります。だから他の面倒な証明が必要ありません。

電気計器、証明用電気計器等の検定について、適正な料金、かつ正確な技術で実施し、社会に貢献しています。 電気メーターの見方や表示、検定制度についてを広く知って貰うため、電気メーター紹介のイベントを行っています。 電気のプロだけが集まる日電険は、高度な技術力と皆様からの信頼を武器に、日々安心で安全に電気を供給出来るように努力しております。 jcss校正サービスはJEMIC(ジェミック)