よくわかる計量法校正事業者登録制度jcss

JjcssとはJapan Calibration Service Systemの略であり、計量法に基づく計量法トレーサビリティー制度を表す言葉です。正確な校正が行われているかどうかについて審査する校正事業者登録制度としては運営されています。任意の登録制度ではありますが、ここの審査をクリアすることは国際的な信頼性にも繋がるので可能な限り登録しておくメリットは大きいです。登録のための審査は校正の方法、見積もり、設備など様々な観点から行われます。審査をクリアして登録が認められた業者はその証として校正証明書を発行することが出来ます。そのため、他の業者や消費者から見れば登録をされているかどうかすぐに分かるようになっており、登録する重要性が高いと言えます。

明確な計量基準が研究にも役立ちます

日本には計量法に基づいた国家計量基準が定められています。それぞれの分野や業界が独自の構成基準を持ってしまっては非常にビジネスが行いづらくなります。そこで日本全体で共通した構成基準を用意することが必要でした。そこで定められたのが国家計量基準です。その区分は長さ、質量、時間などといった馴染みの深い物から、振動加速度や屈折率といった専門家でないと知らないような物まで様々です。例えばどのくらいネバネバしているかを示す粘度では感覚的な要素であるネバネバを数値化することによって、正当な手段で比較できるようになりました。それらの単位は火成岩や地質などの分野では非常に重要な単位として使用されています。単位が明確に定まることで初めて正確な計量を行うことが出来ます。

計量器におけるトレーサブルとは

国家計量標準に従って計量を行うには本来、全ての業者が標準器を用いて計測しなければなりません。しかし、標準器を全ての業者が持つことは現実的ではありません。そこでjcssでは標準器で校正した測量器にも一定の正確性があると認めています。測量器を標準器で校正し、標準器もより正確な標準器で校正することによって国家計量標準に辿り着くとしています。これをトレーサブルと呼びます。ただし、測量器が正確な標準器からの連鎖的な校正を受け継いでいる物かどうかは一見分からないので、NITEの詳細な審査を受ける必要があります。国家計量標準にトレーサブルであることの確保が認められた測量器は信頼性が高いと言えるので安心して使用でき、計量上のトラブルなども回避することが可能です。