計量法校正事業者登録制度jcssのメリット

計量法校正事業者登録制度jcssは、計量法に基づく校正事業者登録と認定制度を行っている認定制度です。特許の基準に準じた国家標準器とトレーサビリティーのある校正を行うための制度で、計量行政の不確かさを認めてもらうために非常に重要になってきます。まずはJCSSの認定を受けた業者に測定器の校正を依頼して、JCSS校正証明書を発行してもらい、入手するという段取りが必要になってきます。さらに都道府県の検定所にある計量検定や大学、企業など実験室の計量器の測定を行う際は一般的な検定とは異なり校正証明書は必要ありません。測定器が不確かなものであるかどうかはその測定器をjcssの認定業者に持ち込み、申請して、校正証明書を発行してもらいましょう。このようにjcssに認定されている業者に頼むことで安心して使用することが出来ます。

国からのお墨付きを受けている!

さらに国からお墨付きを受けている校正システムであることが、計量法校正事業者登録制度のメリットだと考えられます。ビジネスでも一般社会における常識という観点でも、メーカーの製品やサービス、環境配慮などに校正の証明が求められます。従来行われていた校正との違いは、校正の制度が一定のレベルに達していることをNITE認定センターが国に代わって審査をしてくれる点です。そして審査に見事合格して登録を行うと証明されるようになっている制度です。このように幅広いところで証明することが出来るので顧客やパートナーとして今後関わることを希望している企業であれば、信用度を上げる基準となります。またこの証明書がなければ評価を貰うことか出来ないので非常に大切な役割を担っていると言うことが出来ます。

信頼につながることがメリット!

登録を行うためには事務所からの人生に基づいて、事務所の品質システムが適切に運営されているかを構成方法不確かの見積もりの整備が適切であるかを確認していきます。これらの審査を終えて無事に登録されると特別な標章の入った校正証明書を発行することができます。さらに国際MRA対応事業者の場合は登録のための審査だけでなく、国際MRA対応状況確認するための定期審査が行われます。JCSS標章やシンボル付きの校正証明書があることで、日本の国家計量基準のトレーサビリティが確保されます。またそれらのマークがあることで校正事業所の技術能力を有していることがすぐにわかります。仕事を行うにあたって信頼につながることは非常に大切なので、校正証明書を取得すると信頼につながるという点もメリットだと考えられます。