計量法校正事業者登録制度jcssの利用方法

計量法校正事業者登録制度(jcss)とは、計量法トレーサビリティー制度に基づいて、校正事業者を登録する制度のことです。この制度は任意の制度で、計量法関係法規やISOの要求事項に適合しているかどうかを登録の判断基準としています。この登録のための審査はNITEが行っており、登録が認められた事業者には、それを証明するための特別な標章が入った校正証明書の発行が可能になります。校正証明書には特にこの標章が必須なわけではありませんが、これがあることで、顧客により一層信頼してもらえるというメリットがあるのではないでしょうか。登録の区分としては、長さ、質量、時間、温度などの24種類もの区分が存在し、区分ごとに事業者登録が行われることになっています。

どれだけの効力がある制度なのか

では、この計量法校正事業者登録制度には、どれほどの影響力があるのかと言うと、既に日本国内ではかなりメジャーなもののようです。また、最近ではさらに、世界中のどこでも認められるような状況にするために、APLAC(アジア太平洋試験所認定協力機構)との相互認証、ILAC(国際試験所認定協力機構)との相互承認(MRA)へ参加することを表明しました。このことによって、日本国外においても、かなりこの制度の受入状況が広がったと言えるでしょう。国際MRAにも参加を希望する事業者は、別の契約を締結し、国際MRA対応状況を確認するための定期検査を行うことにより、MRA付き認証マークを入れた校正証明書が発行できるようになります。海外でも通用することによって、事業の拡大なども図れるかもしれません。

この制度における計量計測のトレーサビリティー

jcssの校正は、計量法に従って、経済産業大臣が指定する国家計量標準が元になっています。指定された校正機関は、同じく指定された特定標準器等又は特定標準物質を用いて、登録事業者に対して校正などを行います。ですから、jcssにおける計量計測のトレーサビリティは、このような流れがシステムによって確定されており、それらを証明するものとなっています。このトレーサビリティがあることで、計測された数値を判断する基準が出来ますので、同じ基準を採用している計器同士で誤差が出にくくなると言えるでしょう。ですから、同じ基準を採用する範囲が大きく広がるほど、計量する上では便利になってくるのではないでしょうか。このような制度を利用して登録する業者が増えることが、今後も期待出来ると考えられます。